Interview

  1. DIALOGUE W/ TAKURO MATSUI

    日常と異世界のモチーフを色鮮やかに描くアーティスト・イラストレーター。目を引く華やかな色使いと曲線のディテールは作品に躍動感をもたらし、デジタルとアナログの調和は人々の感情を揺さぶる。   DIALOGUE WITH TAKURO MATSUI ・ 松井琢朗 アーティスト: TAKURO M...
    Read more →
  2. DIALOGUE W/ ASUKA EO

      抽象的なものから自然界にある植物、海藻や動物など幅広いモチーフをデジタル上に主にモノトーンで描くイラストレーター・デザイナー。彼女が描く一つ一つの曲線から生まれるフォルムには独自性がありながらも温かみがあり、視覚的な心地よさを人々に与える。   DIALOGUE WITH ASUKA EO...
    Read more →
  3. DIALOGUE W/ SAKI MATSUMURA

      カラフルな色彩を奥へ前へ行き来するようなレイヤーと立体感を複雑に持つ松村咲希の絵画作品は現実世界の風景には感じえない多次元的な景色や感覚へのイマジネーションをも膨らませます。     DIALOGUE WITH 松村咲希 アーティスト:SAKI MATSUMURA (S) 参加メン...
    Read more →
  4. DIALOGUE W/ SHOTARO MURAKAMI

     村上生太郎は色鉛筆で果物や植物など親しみのあるモチーフを画面全体に色鮮やかに描く画家。テキスタイルや服飾から影響をうけた色彩や形、テクスチャーが生み出すハーモニーは視覚的な心地よさを鑑賞者に与えている。 DIALOGUE WITH 村上生太郎アーティスト:SHOTARO MURAKAMI ...
    Read more →
  5. DIALOGUE W/ YASUMASA YOSHIDA

    吉田泰昌はクレパスで身の回りにある物や動物を描くアーティスト。京都生まれ、奈良育ち。中央大学法学部を卒業後、絵を描き始める。クレパス(オイルパステル)による「生命」の表現に魅了された後、木の板にクレパスという手法で独自の表現を追求するようになる。木の板(MDF ボード)にクレパス(オイルパ...
    Read more →
  6. Dialogue w/ サトウマキ

    サトウマキは色を塗った紙を切ったり貼ったり時には過去の作品をリサイクルしつつ「画面」を作る現代アーティスト。主に切れ端(スクラップ)を組み合わせて作品を制作している。画材はアクリル絵の具、新聞紙、木製パネル、段ボールを使用。15歳のころジャスパー・ジョーンズの作品に強い影響を受けて抽象画をス...
    Read more →